保険事業

  1. 新規ご加入の方/ご加入済みの方
  2. 住まいの保険 基礎知識
  3. 事故時のお手続き
  4. 損害保険契約者保護制度について
  5. 海外旅行保険
  6. 生命保険・医療保険
  7. おすすめ保険商品&サービス
  8. 取扱保険

住まいの保険には、火災または風水害などの自然災害による建物や家財の損害を補償する「火災保険」と、地震・噴火またはこれらによる津波を原因とする火災、損壊、埋没または流失による建物や家財の損害を補償する「地震保険」があります。 地震保険は「地震保険に関する法律」に基づいて政府とそれぞれの保険会社が共同で運営しています。

契約にあたって知っておきたい事

建物のみを保険の対象とするご契約では、家財の損害は補償されません。

建物のみを保険の対象とするご契約の場合、例えば万が一火災事故が発生し、消防活動で家財が水びたしになり、使いものにならなくなったとしても、家財は補償されません。家財を補償するには、家財の火災保険が必要です。燃えにくい住宅においては、建物より家財の損害が大きいこともあります。

火災保険だけでは、地震・噴火またはこれらによる津波(以下「地震等」といいます。)を
原因とする損害に対して、損害保険金は支払われません。

火災保険だけでは地震等による損害は補償されません(地震火災費用保険金は、お支払いの対象となる場合があります。)。地震に強い建物でも、地震と同時に発生した火災による損害は補償されないということです。
火災保険と地震保険をセットにしたご契約をおすすめします。
地震保険は、中途からご加入いただくことも可能ですが、地震保険単独の加入はできません。

※建物、家財ごとに火災保険の保険金額の30%〜50%に相当する範囲内で、地震保険の保険金額を定めていただきます。ただし、同一の建物や家財について加入された他の地震保険契約と合算して、建物5,000万円、家財1,000万円が限度となります。

隣家からのもらい火による火災は、お客様ご自身の火災保険で補償する必要があります。

日本において「失火の責任に関する法律」という特別法が制定されております。失火者の軽微な過失による場合には失火者の損害賠償責任は免除され、故意または重大な過失がある場合のみ損害賠償責任を負うものとされております。よって、隣家からのもらい火による火災の場合には、隣家に損害賠償を請求する事が出来ないケースもありますので、ご自身の火災保険で補償する必要があります。

保険金のお受け取りまでの流れ(火災保険の場合)をご紹介します。

ご連絡をいただいてから、保険金のお受け取りまでの一般的な流れです。万一の火災により保険金請求されるときに、参考にしてください。 ご不明な点は三井ホームリンケージまたは引受保険会社にご相談ください。

火災や盗難などの事故が発生した場合には、引受保険会社へのご連絡の前に、警察署や消防署などの公的機関に事故のご連絡を行ってください。 保険金のご請求の際に事故の証明書が必要となる場合があります。

● 商品のお問い合わせは

お知らせ等メールマガジンでご案内希望の方は、
こちらからお申し込みください。

● お電話でのお問い合わせは
0120-310-449
受付時間/9:30~17:30
(土・日・祝日、年末年始を除く)

このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。
取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。

pageup